最近、ログハウスが非常に人気を集めており、住まいに対する趣向が変化しています。家の造りとしては丸太を組み合わせて作るシンプルな構造で湿度調性もできる上、地震が多い日本向きの耐震のある造りなので、通常の家づくりよりも簡単に建設でき日本の気候にも合った素材を使っているため、自分たちで建てても問題ないのではないかと考え、セルフビルドをする人が増えてきました。現在は自分で建てることができるログハウスキットを購入でき、セルフビルドに挑戦しやすい家づくりで、予算も大幅に抑えられるという事もあり人気です。しかし、セルフビルドをする際は必ず気を付けるポイントがあります。また、これから建てようと考える人たちが事前に知っておいて参考になる手順やメリットをお伝えしていきます。

ログハウスの特徴とメリットは何か

家の特徴は、何といっても木材を使っているので調湿効果が高く住みやすいことです。四季がある日本にとって湿度の変化は1年中激しく変わり常に季節に合わせた対策をしなければいけませんが、全ての季節の変化に対応できる無垢材は日本の気候に相性のいい素材です。使っている素材である丸太は火に強く、表面に炭化膜を作り内側を保護する特徴があるので火事があっても木の内部まで燃えることが無い特徴を持っています。さらに、柔軟性があるため突然の揺れを吸収したり倒壊する危険から避けられるため地震などにも強い特徴があります。さらに、木材は音を吸収する性質や紫外線を吸収する特性、森林浴効果によりリラックス効果が期待できるため、日々の暮らしの中で人が住みやすい環境を作り出してくれるメリットもあります。

どのようにして建設していくのか

建てる作業手順を簡単に説明していきます。最初に、建物の大きさに合わせた基礎工事が必要です。この作業は自分で建てようと思っている方でも専門知識を持っている人でなければ難しい作業なので基本的には業者に依頼してしっかりと基礎を固めることが重要です。土台が組み終わったら、丸太を積んでいきます。ここからは自分たちでもできる作業になりますので、順番を間違えないように設計通り積み上げていきます。妻壁の仕様はログ積みかパネル仕様を選び、その上に棟木を上げて筋交いを取り付けて固定をします。その後屋根を取り付け、窓やドア、天井板を張り付けていきます。最後に水回り、電気配線の順に取り付けて完成させていきます。最初の基礎工事に関しては、今後の家の柱となる部分でもあり1番重要な部分となりますので、必ず専門業者に相談をして作業してもらう事が大切です。すべてを自分だけで使用とはせず、専門業者に相談しながら建てていく事で何年先も住み続けられるログハウスを作ることができます。

当社は住まいが完成した後もフルサポートさせて頂きます。 当社は賢く建てれば補助金を受けられる「地域型住宅グリーン化事業」に採択されています。 温かみあるログハウスにしか無い木のぬくもりをライフスタイルに取り入れてみませんか。 当社は天然素材や無垢の木を使用した住まいを1000棟以上建築してきました。 当社はログライフを楽しく過ごして欲しいという想いから様々なコンテンツをご用意しています。 最新の北欧デザインのログハウス