ログハウスを建てるのに必要な費用

ログハウスというのは、大自然に囲まれたなかでのワイルドな暮らしを好む人にとっては、あこがれの物件ということができるでしょう。丸太をその素材の質感を生かして加工したログには、やはりわが国では一般的にマイホームとして用いられている外壁のボードとスレート瓦からなるありきたりな建築物と比較すると、自然の力強さと温かみの両方を感じられるという点で、大きく異なる魅力をもっているといえるものです。こうしたものをつくり上げるにあたっては、それなりに費用の面を考えなければならないのはもちろんのことといえます。費用とはいっても、本体の価格は材質、種類、面積などによって大きく変動しますし、本体工事費のほかにも、行政への申請、外構や電気系統の工事などの費用も加わってきます。

本体についてかかる費用と坪単価

ログハウスの新築において、まずは本体そのものにかかる費用と、それ以外とでは分けて考えるのが一般的です。新築にあたって、建材は基本的には輸入ということになりますので、建材の費用は当然かかるものであり、国産よりも割高なところがあります。また、そうした建材を組み立てて本体をつくるにあたっては、作業員の人数あたりの単価と作業日数の掛け算によって、工事費を算出するのが通例です。このようなことから、一般的な100平方メートル程度のものであれば、だいたい2000万円を超える程度というのが、経験的に割り出される建築費ということになります。これも種類によって異なり、マシンメイドであれば坪単価としては60万円程度、ハンドカットであれば坪単価は80万円程度と、ハンドカットのほうが高めになっています。

見逃せない本体以外にかかる費用とは

ログハウスを新築するにあたっては、施工会社に前もって見積もりを求めるはずですが、その際には、本体工事費と附帯工事費などが別個に掲載されているか、あるいは本体工事費だけで、その他の費用がまったく書かれていないということもあります。どこまでを含んだ見積もりであるのかを、きちんと確認しておくことが重要です。本体工事以外の工事費としては、電話の架線工事、アンテナや冷暖房の設置工事、庭などの外構工事、屋外給排水工事などがあり、それぞれかなりの金額となることが見込まれます。また、工事にあたらないものであっても、契約書の収入印紙代、建築確認申請一式の費用、登記のときの登録免許税や司法書士報酬、地鎮祭などの儀式の費用といったものがありますので、忘れてはならないところといえます。